読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒谷竜太の雑学トリビアブログ

荒谷竜太の雑学トリビアブログです。

荒谷竜太 野菜は同じ場所に続けて植えると育ちにくい

皆さまこんにちわ。荒谷竜太です。
本日は、野菜は同じ場所に続けて植えると育ちにくいことについてお話しさせて頂きます!

野菜は、同じ場所に続けて植えると、育ちにくいといいますが、どのような理由でそうなるのですか?

ある情報によりますと、ある野菜を同じ場所で連続して栽培すると、次第に収穫量が減り最後には全く採れなくなることがあるそうです。

このような連作による障害を、「いや地現象」というのだそうです。

連作を嫌うのは、ジャガイモ、ナス、ピーマン、トマト、キュウリなどだそうで、ただ、野菜の中には、カボチャ、ニンジン、タマネギといった比較的、連作の影響が少ないものもあるそうです。

原因には、「土壌の養分が消耗」「野菜から分泌される毒が蓄積」などの諸説がありますが、「病虫害の発生」との説が有力なのだそうです。

栽培に何年か間を置くほか、土の入れ替えや殺菌で対応する方法があるのだそうです。

参考文献:『雑学特ダネ新聞』 / 読売新聞大阪編集局 (296)

なんとなく想像すると、

同じところに植え続けては、その場所の養分が抜けて育ちにくいのだろうと感じますが、どの程度間隔を置けばよいのかなど、難しいですね。。。

農家の方々は、このような点にも気を配りながら育ててらっしゃるのですね!

感心させられました!!

以上、荒谷竜太でした。