読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒谷竜太の雑学トリビアブログ

荒谷竜太の雑学トリビアブログです。

荒谷竜太 世界一危険な鳥?

荒谷竜太 世界一危険な鳥?

荒谷竜太です。皆様こんにちわ。

本日は世界一危険な鳥ヒクイドリの話です。

世界一危険な鳥!?「ヒクイドリ」ってどんな鳥?

ヒクイドリ

ヒクイドリは世界一危険な鳥と呼ばれている鳥でギネスブックに登録されるほどの鳥です。
では、ヒクイドリとは一体どんな鳥なのか簡潔に説明します。

ヒクイドリとは

ヒクイドリ

全長1.2~1.7mで体重は40㎏前後のダチョウの仲間。

頭には角質の犀角があり、頭から首にかけて皮膚は青色、赤色、オレンジ色をしており喉には赤い肉垂が2つあるのが特徴。
ヒクイドリインドネシアニューギニア、オーストラリアに分布する鳥で
ダチョウ目ヒクイドリ科、つまりダチョウの仲間ということもあり飛べない鳥でもある。

地球上で一番重いダチョウの次に重い鳥類で、大きい個体では全長2mで体重は90kgにもなります。
現在、熱帯雨林の減少により森林が減ってきたことから雛が生き残る確率は1%以下という研究結果もあり絶滅の危機に瀕している。

より詳しい生態についてはこちらを見よう⇒wikipedia「ヒクイドリ」

なぜ危険な鳥?

ヒクイドリ

ヒクイドリの強靭な足は人を殺せるほど危険。

ヒクイドリはその強靭な足で時速50㎞/hで走ることが可能な脚力と長さ12㎝の鋭い爪を持っており
敵に襲われるとその足で一目散に逃げ、追いつめられるとその強靭な足で相手を思いっきり蹴飛ばします。

過去にヒクイドリが檻を蹴飛ばし鉄棒が数十本も曲がったこともあります。
その他には実際に人間が死亡した例もあるため蹴られるとただでは済まないくらい危険なのです。

危険だけれども

ヒクイドリ

ヒクイドリは気性は荒いが臆病な性格の鳥。

危険なイメージが強いヒクイドリだが、性格は実は臆病な鳥である。
本来、用心深く臆病なため何かあった場合は大体は逃げる。

しかし身の危険を感じたり逃げれないと判断すると一転して攻撃的になり襲い掛かってくることもある。

もし出会った時の対処法

ヒクイドリ

出会ったら静かに後ろに下がり逃げる。

日本では野生で生息していませんので出会うことはないとは思いますが、
もし出会うような環境だった場合は時速50㎞/hで走る足を持っているのでまず逃げ切れません。

また急に動いたりすると臆病な性格なのでびっくりして襲い掛かってくる可能性があるので
対処法は静かに後ろにそーっと逃げるというクマの対処法に近い方法。
手に何か持っている場合はそっと捨てましょう。

以上、世界一危険な鳥!?「ヒクイドリ」ってどんな鳥?でした。

荒谷竜太でした。